応援します

◎「小坂さんがなぜ立ったか。一番大事な点で他候補はダメだから。小坂さんが、いっちゃん大事にしていることは、命と平和、憲法。戦争に行かない、行かせない、殺さない、殺させないということ。国の強い力をしばる憲法が、権力に都合のいいように変えられようとしていることへの強い危機感。「もったいない、ほっとけない」対しては、「まかせとけない」ではないか。魂にかかわるところは曲げられないのだと思う。小坂さんの訴えは私の訴えです。」(30 代女性)

◎「政見放送見たよ!びわ湖をバックに、戦争させない固い固い決意は説得力があり痛快でした!」(60 代男性)

◎「自民勝利なら今秋に9条改憲案提示、来年発議も」(朝日) 絶対ゆるさん!!
安倍政権は、自民勝利なら自民党内の異論を抑えて、この秋に9条改憲案を決定し、来年にも改憲の発議を行うと報じられた。安倍首相も選挙の街頭演説では9条改憲に全く触れず争点化を避けて、選挙後「信任を得た」として、戦争する国に突き進もうとしている。一方、安倍首相の続投に反対は47%が反対と賛成(37%)を大きく上回っている。国民は安倍政治を支持していない。改憲が支持されているわけではないのだ。この選挙が9条改憲を許すのか否か、人を殺し国民を被害者にする戦争する国になるか否かを問う選挙だとうことが一票の判断基準だ。ならば小坂よし子候補しかない!
あと4日。全力で小坂よし子候補の支持を訴えよう。(会員 60 代男性)

◎長らくご無沙汰していますが、初志を曲げずにみんなのために献身的なご活躍、敬服の至りです。今回は、厳しい闘いが予想されますが、頂いたハガキの写真からも感じられる貴女の情熱と健康を駆使して、みんなの夢の実現に向ってご健闘されますよう心よりお願いします。(女性)

◎叔父を戦争で亡くした。孫が男の子ですねん。戦争は絶対あかん。(80 代男性)

◎街頭で小坂さんの演説聞かせてもらった。良かったよ!(女性)

◎小坂候補の演説とそれを聞き入る市民にはあたたかな一体感を感じた。「小坂よし子がんばれ。」「国会行ってや。」「頼んだで」と選挙カーが見えなくなるまで手を振る人達。市民がつくっているなあと、ほんまに感動的でした。」(40 代女性)