小坂淑子のオフィシャルページ

HOME

生命と平和憲法
国会と憲法を守り、貧困と格差を是正し原発のない社会をつくります

皆様
 10月10日から12日間大津・高島を隈なく駆けまわり、多くの市民の皆さまから温かい励ましを頂きました。ご支援を賜りました皆さまに心から感謝申し上げます。力及ばず目標達成ができなかったことをお詫びいたします。

 今年は、平和憲法が生まれて70年目にあたります。この憲法を世界に発信したことにより、日本が信頼と尊敬を得るに至った歩みから脱却して、憲法9条を変えて、戦争する国に引き戻そうとする勢力に対抗しました。
さらに、脱原発を強く訴えました。福島第一原発の事故は全く解決せず、今なお故郷を奪われた人々がおられることや、子どもたちに甲状腺異常が増えている実態、過酷な現場労働者のことなど、すべての国民が共有しなければなりません。
 懸命に取り組みましたが、結果的に安倍政権に信任を与えた形となり、悔しい思いです。しかしながら、白紙委任をしたわけではありません。

市民と野党の幅広い連帯と共闘なくして、強権的な存在に立ち向かうことはできません。今後も市民の皆さまと共に、政権のチェックを進めて参ります。

 むすびに、台風21号で交通や避難準備など生活に影響をうけられた皆さまに、お見舞い申しあげます。

2017年10月23日 小坂よし子

公認

・ 社民党

推薦

・ 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが・1区つなぐ会
・ 日本共産党
・ 新社会党準備会

最新記事

  •  10月10日から12日間大津・高島を隈なく駆けまわり、多くの市民の皆さまから温かい励ましを頂きました。ご支援 …

    皆さま

  • 小坂事務所では、選挙をともに取り組んだ市民の皆さんとおしゃべりしながら開票を見守りたいと、事務所の1階と2階に …

    開票センターを開設します。

  • おはようございます。 日曜日、朝はお世話になってます尾花川・観音寺から出発させていただきます。 お昼からは瀬田 …

    10月15日の予定